2007年12月16日

くろちょ戻る。

帰宅してお試し中のくろちょの事が気になって里親さんに電話する。
里:「それが、、家の中だと思うんですけど2日間姿が見えないんです。」
私:「え??外には出ていないんですか?」
里:「はい。外に出ている事はないです。」
私:「もう一度良く探してください。」

里親さんはさほど慌てていない感じ。
でも2日間も家の中にいるのに見つからないってどんな家なんだ
一生懸命くろちょになって考えてもなーんにもわからない。
その時点でご飯もトイレも2日間できていない。
くろちょ 一体何があったの
でもあの里親さんの感じでは外に出ているとは少しも思ってなさそうだった。
やっぱり家の中?

里親さんのおうちがみいしゃさんのおうちに近いのでみいしゃさんにメール。
みいしゃさんがおうちを見に行ってくださった。
あのおうちでは家の中で2日間はありえない事もない感じと言う事だった。

木曜に里親さんから電話。
やっぱりいない。。。
家の中をよーく捜したけどいない。。
血の気が引いた。
くろちょがいない。
は〜 どうしよう どうしよう
みいしゃさんにメール。
すぐにご近所さんに連絡を取ってくださり、その方がまた他の方に連絡してくださった。
里親さんにも外にご飯を置くようにと。
モノトーンズのお世話に行ってもなんだかみんなにも申し訳ない気持ちでいっぱいだった。
はち、ぶち、きっとくろは帰ってくるよね。
帰って来ますように。。ぷーこさんもごめんね。
自分のご飯も我慢して一生懸命育てた子だもんね。
帰って来ますように。。

金曜にはポスターも作ってくださった。
私は年末でどうしても仕事を抜ける事ができず こちらでおろおろするばかり。。
情けない
金曜の日付が変わる頃 みいしゃさんから留守電。
「捕まったわよ!これから迎えに行ってくるからね。」

土曜日仕事が終わってからお迎えに行ってきました。
実は私これだけお世話になっていてみいしゃさんにお会いするのは初めて。
私より先にくろちょがみいしゃさんに会っている。。不思議な感じだった。
駅まで迎えに来てくださったみいしゃさんは。。電話や文章のイメージと違う
びっくりした〜
いつものぴしゃりとした文章とは違うの
でもあれだけ猫さんのお世話をする方だから。。お優しそうな方なのは当然かぁ。

そして里親さんにもお会いした。
私は誰が悪いと言う事でもないのかな。。と思った。
同じ猫好きでも私とはちょっと違う。
里親さんは新しい猫を迎えるには まだご自分の生活とお気持ちが整っていなかったのでは
ないだろうか。。仕事で忙しい毎日、子育て。
くろちょの事は気に入っていてくれたようだった。
みいしゃさんのお話だとくろちょは脱走上手な先住猫さんに付いて出たようだった。
先住猫さんは簡単に戻れても くろちょには戻れなかった。。と言う訳。
でも怖いから出て4〜5日の間 離れなかったのだろうと。
お渡しする時に「去勢はしてありますがこれからサカリの季節にもなりますし脱走だけはくれぐれも。。」とお伝えしていたのだけど。。
2日間姿を見ないと言う時点でお返ししてもらおうと思っていた。
2日間も姿を見なくても慌てないような。。淋しい思いをくろちょにさせないで欲しかった。
もう少し気に掛けてやって欲しかった。

そしてみいしゃさん宅へ。。
さぞかし怯えているだろうと思っていたくろちょは。。
みいしゃさんの足元をブルブルゴロゴロですりすり。
あるくんちゃあちゃん大好き。
へ??昨夜保護されてもうこの状態??
みいしゃさんちの子みたい。
連れて帰るのが可哀想みたい。

img960cff35zik5zj[1].jpg

img5c094a21zik9zj[1].jpg

今回の件でくろちょがどんなにいい子か再発見だった。
こんなにいい子だったんだねー。くろちょ。
よそのお宅に行ったらどうかと心配だったけどこうなのねーくろちょ。






あるくんはとっても優しくしてくれて ちゃあちゃんはわざわざくろちょの側に行ってちょっと
威嚇気味に鳴いていたけど全然本気ではないのがわかるので慌てなかった。
美人のみしゃこさんは見慣れない真っ黒な子がうっとうしいと言う感じ。
みしゃこさんかわいかったー
お目目もお顔も体もしっぽもまんまる

みいしゃさん 本当にありがとうございました。
みいしゃさんがいなかったらくろちょ今頃どうなっていたか。。
本当に本当にありがとうございました。






ニックネーム おかる at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | モノトーンズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月02日

お陰様で無事去勢手術から帰ってきて。。

 ☆土曜日☆

仕事を12時ピッタリに上がらせてもらってモノトーンズ病院へ。。
くろちょを肩掛けバックに入れて斜め掛けにしてはちちょとぶちちょは
プラキャリーに入れ自転車の籠へ。
3にゃん共大きくなりましたー
ついこの間まで「軽い軽い」って思っていたのに今じゃ
病院に預けて一旦帰宅。洗濯やら片付けやらやって今度はじょーやん病院。
じょーやんここの所4〜5日すごく多飲多尿で気になっていました。
もしや腎臓か。。と思ったのでモノトーンズの病院に血検だけ行ったのです。
この結果については後日ゆっくり。
モノトーンズ預けて3時間後でしたが手術も済んでいて「連れて帰ります?」と
聞かれましたがじょーやんを連れていては無理。
とりあえずくろちょだけをもらって肩に掛けて帰り実家に送って
じょーやんは自宅に帰宅。
んでまたまた自転車に乗ってはちちょぶちちょをお迎え。
はちちょを肩掛けバックに、ぶちちょをキャリーに。
ぶちちょが少し麻酔の覚めが遅かったようですが みんな元気に帰宅しましたー。
夜中の12時過ぎにご飯を上げてもいいと言う事で一旦自宅に帰り
夕飯作ったりあれこれしてご飯をあげに。。待ちに待ったご飯はみんなぺロリと
平らげました。

 ☆そして今日☆

くろちょについてお問い合わせがありました。
4歳の女の子にゃんこ2匹、男の子わんこ(ちわわ)、10歳12歳お嬢ちゃんと
お暮らしの方でご自身は不動産屋さんです。
去勢を済ませたばかりと言う事もあって水曜か週末にお見合いを。。と
思っていましたが今日お仕事が終わってから見に来たいと言う事で急遽お見合い。
商売繁盛に黒猫が縁起がいいと言う動機ではありましたが去年までは
16歳の男の子にゃんこを看取ったりとにゃんことの生活の長い方です。
ちわわとにゃんこが抱き合って眠る写真などを見せて頂きました。
ぶちちょとはちちょはシャーフー。
不思議とくろちょは緊張しながらもシャーフーは言いませんでした。
緊張しているくろちょの抱っこもお二人共上手で、お嬢ちゃんは
怒るぶちちょとはちちょにも「この子達みんな綺麗な顔してる〜」と
そっと手を延ばしてくれました。(だけどあいつ等は触らせませんでした(_- ) )
その感じを見て私は「あ。こう言う方なら大丈夫かなー。」と思いました。
お嬢さんも生まれた時から猫と一緒なせいか自然と扱いが身についていて
はちぶちがシャーとしても全然平気。
念の為 見た目は大きくてもまだまだ中身は子供で高い所に上がって物を落としたりする
事をお伝えすると「あー。もうそんなの全然 うちは壁ももう既にぼろぼろですから〜」
と。。言う訳でそのまま連れて帰って頂きお試しに入りました。
先住猫さんやわんちゃんがくろちょを受け入れてくれれば あの子は穏やかでどっしりと
した子です きっと可愛がってもらえる。

そして。くろちょがいなくなった後のはちぶちは。。。
はちがいつもと違う鳴き方でどうやらくろちょを探していました。
続いてぶちも。。。
それを見て私と母も泣き笑い。
大丈夫。大丈夫だよ〜はちぶち。

img87481ae9zikdzj[1].jpg




ニックネーム おかる at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | モノトーンズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする